2019-11

心臓の話

☆僧帽弁置換術の種類について

5歳の時、私は足りていない僧帽弁を、周りの細胞を切ったり縫ったりして作ってもらいました。弁形成術という方法です。そして25年ぶりに、その時作った僧帽弁を人工弁に付け替える、弁置換術を受けることになります。 それに伴い、私はふたつの選...
体験談

手術前の検査、何するの?

心臓の手術の前って、いっぱい検査するんですよ。だいたいどんなことをするのかっていう話です。※順番は人によって違うと思う。検査の手順や意味がもっと正確に知りたかったら、検索エンジン使ったらいくらでも調べられるから各々でやってね。◎心電図◎採...
心臓の話

☆★手術をしますか?しませんか?

※この記事はマークふたつとも付けました。気を付けてね。(マークの説明は、えふブログの手引き、もしくは固定ページを見てください) 手術適応の話をされたとき、寿命が延ばせると言われて全く異なる二つの感情が同時に浮かんでいました。ひとつは...
スポンサーリンク
手術の話

ある先生との出会い

不整脈が起き始めたとき、病院ジプシーをしていました。どんどんPTSDも悪化していて、とにかくどこか。誰でもいいから分かる言葉で教えてください。と思って必死だった。そこで私の担当になってくれた、都内の大学病院で出会ったA先生の話を少し。まず...
小さいときの話

★生まれてきて、すみません

と、太宰治が言ったとか、言ってないとか。知らんけど。別に太宰に心酔しているわけではなくて、本当にそう思っていました。 小さいとき、身体が弱い私はほんとによく熱を出しました。小児喘息も持っていたから、とにかくもぅめちゃくちゃしんどかっ...
Twitter

Twitterでの出会い

自分の病気についてずっと、生の声が知りたかった。既存の論文や医学書で見る生存率より、その手術を受けた人がどうやって生活してるのか。その検査はどれくらい痛いのか、術前と術後で何が変わったのか。これまで何度かネットで検索したことはありましたが...
小さいときの話

私の病気が分かった時の話

母や、祖母に教えてもらった、私が病気だと分かったときの話です。 1989年2月、私は生まれます。兄とは8歳も歳が離れた、待望の女の子でした。3600ℊの大きくて元気な赤ちゃんでした。 生後2か月頃、お風呂に入れようとした時だったそう...
未分類

治療がこわくなってしまった話(後編)

※前編もあります。後編はちょっと長め。 採血も注射も点滴も避け続け、地方に住んでいた私は、大学を卒業してから首都に出ます。定期通院の必要もなくなったので(ほんとは必要ないなんてことは無いんですが)かかりつけの病院も作らず。ちょっとし...
未分類

治療がこわくなってしまった話(前編)

物心がつく前から入退院、手術や通院をくり返していた私にとって、病院はいつもの場所でした。 小児科も、心臓血管外科も、すっっっごい待ち時間があるんですが 我が家は共働きで、普段は母方の祖母に面倒を見てもらっていたから、病院に行く日だけはお母...
小さいときの話

★親切心から逃げる

幼稚園に入って、家と病院以外の世界を知ります。私が通ったのは、普通の幼稚園。小児病棟入院中にはすぐ友達ができたけど、初めて同い年の、普通の(健康な)子供たちと触れ合うことになります。まだ自分の病気についてよく知らない。でも自分がみんなと違...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました