2020-03

小さいときの話

★病気と手術の傷跡について⓶

前回の記事★病気と手術の傷跡について⓵の続きです。今回は小学生時代のお話。手術跡や病気について、自分はどのように認識していたか。それから周りの環境はどうだったかも含めて。 ※あくまでも私の個人的な話です。 今回も楽しくないエピソードが含ま...
Twitter

#私は基礎疾患を持っています

まずはこの記事を見付けてくれてありがとうございます。これは今までに、ブログでもTwitterでも何度も何度も書いていて、もう読み飽きちゃったかと思うんですけど 昨今ニュースでよく聞く、基礎疾患のある人っていうのは高齢者とか、...
小さいときの話

★病気と手術の傷跡について⓵幼稚園児時代の違和感の話。

外科手術を受けた人の体には必ず残ってしまう大きな傷跡。小さい時からどのように考えていたのか、どう付き合ってきたのか、という話はよく聞かれます。そしてみんながどうしてきたのか、私もとても知りたかった。このブログを作ったときからこの話題につい...
心臓の話

☆不整脈とカテーテルアブレーションの話

昨年の5月、不整脈の治療としてカテーテルアブレーションを受けました。改めてどんなものだったのかを詳しく。    ↓ ↓ まず不整脈の始まりから。(無自覚なものは中学生くらいから起きてた)20代の前半頃、何も運動してないのに心...
世間話

新型肺炎騒動について思う事

世界中が大パニックになっている新型のコロナウイルス大流行について、考えていること。私は、医療についても感染症についても専門的な知識は持ち合わせておりません。ただ、基礎疾患持ちとして、日々ニュースを見ながら思うあれこれです。最初にこのウイル...
体験談

手術から3カ月経ってみて

2019年11月21日、三尖弁形成と僧帽弁置換(生体弁)のための開胸手術を受けて3か月経ちました。※術後の経過は人それぞれにペースが違うので、一般的な話ではなく私の場合 どんな感じなのかという話。 その際の体験記的な記事(体験談のカテゴリ...
世間話

《子どもが教えてくれたこと》という映画の話

私にいろいろな気付きをくれた映画についてのお話しです。 主人公はアンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルの5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。 《子どもが教えてくれたこと》という...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました