スポンサーリンク

心臓が悪くない皆さんに知ってほしいこと

スポンサーリンク

もし、心臓の悪い人が身近にいる場合に、こういうこと知っておいてもらえたら非常に助かります!ということをいくつかお話しします。

まず、とにかくすぐに息が切れます
登り階段とか、上り坂は顕著。出来れば、エスカレーターやエレベーターを使わせてほしい。
少しの駆け足も正直しんどいから、電車のドアが閉まりそうでも横断歩道の信号が点滅していても、次まで待ってほしい。
「あ。行けるよ!」なんて手を引いて無邪気に走り出されたら別の意味で心臓がきゅっとなっちゃう。
逆に、駅なんかでさりげなく「あっちエスカレーターだよ」なんてエスコートしてくれたら好き。もうすぐ好き。
そしてだいたい不思議がられるんですが、下りは大丈夫です。

あと、一度息が切れたら、それが治まるのもみんなより遅いと思います。
でも息切れてるだけだから。「大丈夫?」って聞かれても答えられないから。息切れてるんだから。 ちょっとおとなしく待っててくれたら大丈夫。

次に、重いものが持てません
これもすぐに息が切れてしまうこととつながるかもしれません。
成人女性が平均してどれくらいのものを重いと感じるのか分からないけど、重さの限界値はかなり低め。重いものを持って歩くなんてもっての外なので、スーパーマーケットではカートが必須です。
2ℓペットボトルなんか持ってしばらく歩くのはしんどいです。食材は車がなければあまり買い込めない。根菜が案外重いの。筑前煮作りたいときの買い物なんかは気合が要る。

単純にしんどいっていうのもあるし、息が切れてるときの心臓のバクバクドキン感がそのまま不整脈の発作になってしまったらどうしようっていう恐怖感もある。

息が上がらないように気を付けて生活してると、怠けてるって思われてしまうことがよくあります。
黙ってればどこが病気なのか分からないから。
「若いんだから階段使いなよ」
「運動不足になるから歩いたほうが良いよ」
相手に悪意はなくても、悲しいし、悔しい。
わざわざ身体の説明をするのも、なんだか気持ちがすり減ってしまう。

歩きながらおしゃべりするのもギリギリ。
階段上りながらは相当きつめ。
すぐに疲れてしまうし、疲れも取れにくい。
その日特別に具合が悪いわけじゃないんです。そういう身体なの

せっかくみんなと一緒にいるのに「疲れた」って言うのは「つまらない」って言ってるみたいで言いづらいな、なんて気を使ってしまってなかなか言い出せなかったりして
せめて近くにいる人には理解してほしいけど、その都度説明するのは億劫で
というよりも、いちいち自分の出来ないことを説明していると、ふと何とも言えない情けない気持ちになるから、ひとりで出掛けたほうが楽だなって思いがち。

逆にみんななんで息切れないの?そんな重いもの持って歩けるの?まだ息切れないの?どうなってんの?って思ってます。うらやましい。

最後に追加でもう一つ。仲良しの人に知っておいてもらえるとありがたいこと。

症状にもよりますが、利尿剤を服用している人もいます。
私は毎日飲んでいます。
これは読んで字のごとく、利尿作用のある薬です。
心臓と尿、何の関係があるの?と思うかもしれませんが、とても大切な薬で、詳しくは長くなるから今は割愛させていただきます<(_ _)>
だいたい飲んで何時間くらいで効いてきて、どれくらい効果が続くか、これまでの経験で分かっているので本人が飲む時間を調節していることもありますが(長時間移動の前は飲まないとか、映画館や美容院に行く前には飲まないとか)たまにね、「え、今効いてくる?!」っていう時があるんです。生身の人間だから。
利尿剤の尿意って、普段の自然な尿意と違って「ちょっとトイレ行きたいかも」の時間をすっ飛ばして突然最高潮で押し寄せてくる
近くにトイレがない場所に出かけるのは少し不安です。 食事中なのにしょっちゅうお手洗い行くなって時があっても、許してください。ごめんね。

あ。でも優しさだったとしても、無暗に「利尿剤飲んでるの?」って聞かれるのはなんだかあんまり良い気分じゃないので、必要以上に気にしなくていいよ。

自分でも面倒くさいなって思います。
他人なら尚更でしょう。

そういう身体の人も居るんだ、とちょこっと頭の片隅に置いておいてくれたら、私たちは少しだけ生きやすくなると思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました