心臓病

心臓の話

☆術後の身体の変化について

2019年11月、三尖弁形成と僧帽弁置換(生体弁)のための開胸手術を受けました。検査の段階から、そこそこ大きな手術になることは予想されており、術後の自分の体にどんな変化があるのかとても不安に思っていました。現在手術を控え、同じように不安に...
Twitter

UNIQLO 前あきブラの話

※私は3回の心臓手術を受け、3回とも同じ箇所を切開しています。前提として私は切開部分の骨や皮膚が人より少し弱いらしく、傷に触れることや日常生活においても痛みを感じやすいです。同じような手術を経験した方でも感じ方は異なると思いますので、ひと...
世間話

それは本当に励ましているの?

生きていると、何度も何度も何度も何度もよく似た内容の台詞を言われることがあります。これはおそらく私が先天性の疾患を持っているからなんだと思います。一見聞こえのいい台詞だけれども、それでは全然励まされてないよっていう。これまで胸の中で握りつ...
スポンサーリンク
検査の話

学び学ばれ将来に続く

子供の頃から大学病院で診てもらうことがほとんどだった私にとって、病院と言うのはこういうものだと思っていたのですが検査の時に担当医の他に若い先生が居て、時には研修の学生さんが何人か居る時もあったりして、一度の診察で何人もの先生のお世...
体験談

PTSDのようなものについての話③理解

これまでに書いた【PTSDのようなものについての話】の続きです。⇒症状について。⇒治療について。今回は、病院や医者という存在に対してがちがちに抱いていた不信感や恐怖心を溶かしてくれた看護師さんや先生の話。沢山の方にお世話になりましたが、書...
体験談

PTSDのようなものについての話②治療

私の持っている医療行為への恐怖症について話しています。【PTSDのようなものについての話①】の続き。※私だけが特別であるということはありませんが、小さなときから病気の治療を行っている全てのお子様が将来的にこのような状態になるとは思わないで...
体験談

PTSDのようなものについての話①症状

私の持っている(持っているという表現はいつも合っているのかと心配になりますが、持病というくらいだから病気を持っている、でいいのかな)PTSDについて、改めて書いてみようと思います。私は医療行為に対するPTSDがあります。医療行為から離れて...
世間話

時代の流れは遅くて速い

世界で初めて心臓の手術が行われたのは1896年だそうです。(それ以前にも挑戦した医師は居たらしいけど成功しなかった)ドイツの医師。それまで、心臓は精神の宿る神聖な臓器で、切ったり縫ったりする外科的治療を施してはいけないとされていました。古...
世間話

何でも一人でやりたい話

何でも一人でやりたい。成長途中の小さなお子様の話ではなくて、30代の私の話です。 地元に居た頃は、なかなかのお姉さんの年齢になっても小児科に通い、年に1度くらいの通院だったので母親も付き添ってくれていました。手術当時の専門的...
世間話

術後の飲水制限についての話

添付写真は、入院生活でおなじみ『吸い飲み』です。サイズ感が分かりやすいかなと思って手のひらに乗せてみました。25年前はもっと大きく感じたのにな。ベッドに寝たままの状態でも飲み物が飲める便利グッズです。今回は、これをとっても使うことになる、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました